人気ブログランキング |

komonoアカデミーのスタッフが各校舎の日常を紹介していきます。笑いあり涙ありのブログを皆さん楽しんでください。/ 山口県/山口市/進学塾/学習塾/河合塾/マナビス/個別/中学受験/高校受験/大学受験


by komonoacademy

<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬期講習の季節

冬期講習の季節がやってきました。

当塾でも募集を開始しています。

今日は「グループ指導」の紹介をさせていただきます。

当塾のグループ指導講師は10年超え選手ばかり。

あらゆる状況を体験してきたその経験を活かし、バリバリと楽しく授業をします。

10年以上やってきている事の利点は他にもあります。

塾講師の仕事というのは正直大変です。それでも続けられるというのは「来てくれている生徒のため」それに尽きます。一人ひとりの生徒を感じて、力を貸してあげたい、どうすれば成績が上がるのか、それを追求してきた時間が多いということです。だから長くやっていることで「こうすればいい」が的を居てきます。

とても大きな利点です。

もちろん、辞める先生もいます。辞める理由も様々です。しょうがない場合だってあります。

しかし、辞めるということはその時担当している生徒を最後まで見ずにその場から逃げるということ。毎年受験生がいますからキリはないですが。

私たちの塾にいる先生はそれを今までしなかった。

そのことに私はとても感謝しています。これからも長く居てくれる先生方を大切にしていこうと思っています。


私もいろんな経験をしてきました。

悲しい思いも、嬉しい思いも。

後悔していることも、失敗も。

それから毎年、謙虚に、成長するために進化していると思います。

子どもたちとともに毎年成長、日々成長。

会社の経営も成長。

悪かった時期もありましたが、だんだんと回復してきて、もっともっと謙虚に強くならないとと思いながら、初心を思い出す大切さを感じています。

話が逸れましたが、冬期講習。

受験生とって最後の追い込みです。長い講師生活を活かせるよう、

全生徒の結果につながるように精一杯力を尽くします。

ぜひ、受講しに来てください。

お待ちしております。



by komonoacademy | 2017-11-27 10:14

ぜんざいを振舞うの巻

山高がマラソン大会だったこともあり、疲れているのに頑張って塾に来ている生徒に甘いものを食べさせようかと、炊き出し的な感じで実施。

ぜんざいを振舞うの巻_a0199952_10093122.jpg

ぜんざい。と言っても水に餡を溶かして、少量の塩を振るだけですけど。

すごい美味しいって言ってみんな食べてくれたけど、その結果。

餅を追加で買いに行く羽目に。笑

本当は餡もこし餡にしておしるこが良かったんですけど、間違って粒あんとこし餡買ってしまっていたので両方入れました。

消えた餅の分量4Kg。きちんと丸餅でやったのでかなりの量だったのに・・・

1人2個までと決めてましたが、なくなるの早っ。

足りねぇって言ってましたけど、それ以上は私のお財布が・・・

ぜんざいとおしるこの違いを調べたんですけど関西では粒あんがぜんざい、こし餡がおしるこって書いてありましたが、関東では粒だろうが、こしだろうがぜんざいなんですね。

「次は豚汁ね」って言われましたが、「気が向いたらね」と答えておきました。笑


by komonoacademy | 2017-11-08 10:13

中3進学説明会

中3進学説明会_a0199952_12583676.jpg


今日は中3の進学説明会でした。

最初に私からお話をさせていただきました。

15歳は昔で言うところの元服。50歳の平均寿命の頃の15歳は人生の30%の頃。

大人の証として冠を元(首・頭)に服(着せる)ということらしいです。

今の子どもたち世代は平均寿命が80歳として24歳くらいまでは子どもということでしょうか。確かにそれくらいになったら、立派な大人なのですから自分でなんでも動き、自分で決めていくということは必要です。

しかし、大人になるまで時間が長いこの時代に、15歳で「自分でなんでも決めなさい」は昔基準で言うと、9歳。そらくらいの子どもに「自分でなんでも決めよ。」はちょっと早い気もします。ある程度、大人の引率は必要ですよね。「子どもの好きに」させ、その通りに子どもが好きに決めた挙句にそれはダメとは言えませんからね。

倍率が1倍を越える入試において、「合否」という結果はついてまわります。

部活だって、コンクールだって同じです。誰かが勝てば誰かが負ける、誰かが入選すれば誰かが落選する。みんな横並びで良かったね。はありません。

だから、私たちがしっかり、引率し、当の本人は求めて学ぶ姿勢をしっかり持って欲しい。

塾に行けばいい、勉強すればいいでは結果につながりにくくなります。

やったふり、やったつもりはいらない。

今日が為になった日かどうかは自分が一番わかるはず。

「努力すれば夢は叶う」のではなく、「夢が叶うような努力をする」ことが大切です。

きっと、今日の説明会は入試に向けてみんなの力になったはずです。言われたことをしっかりしていきましょう。

公立入試まであと124日。

1科目あたり24.8日、1学年の1科目は約8日、1分野まで分けていくと約2日です。

さて、焦り出しましたか?

自分と同じ高校に行きたいと思っている人で自分より成績が良い人をライバルと定め、逆転するための必死の努力をしてください。

負けて泣くのではなく、勝って泣く。喜びの涙を。合格して泣きましょう。








by komonoacademy | 2017-11-03 12:58